関西学院同窓会 宝塚支部

支部規約

関西学院同窓会宝塚支部規約

昭和54年10月8日改正、昭和60年2月2日改正、平成5年7月3日改正、平成8年4月2日改正、平成9年9月2日改正、平成12年3月17日改正、平成16年5月22日改正、平成21年4月5日改正、平成24年4月8日改正

名称

第1条. この支部は、関西学院同窓会宝塚支部(以下「支部」という)と称する。

目的

第2条. この支部は、会員相互の親睦を深め、併せて関西学院同窓会(以下「本部」という)の事業に参加、協力することを目的とする。

事業

第3条. この支部は、前条の目的達成のため、次の事業を行う。

  • 1.各種同好会
  • 2.本部事業への参加推進
  • 3.その他前条の目的達成のために必要な事業

事務局

第4条. この支部の事務局は、支部長が指定する場所に置く。

会員

第5条.

  • (1)この支部の会員は、宝塚市内に在住又は職場を有し、次の各号の一つに該当する者とする。1.関西学院各部を卒業した者2.関西学院各部に在学した者及び現教職員並びに旧職員で、常任幹事会で承認した者
  • (2)常任幹事会で別途承認された者は客員会員とすることが出来る。

役員

第6条.

  • (1)この支部に、次の役員を置き、①支部長②副支部長③幹事長④副幹事長⑤会計監事⑧監査役の役員を執行部役員とする。①支部長 1名②副支部長 5名以内③幹事長 1名④副幹事長 3名以内⑤会計幹事 2名以内⑥常任幹事 50名以内⑦幹事 130名以内⑧監査役 2名以内
  • (2)役員の任期は2年とする。ただし再選を妨げない。
  • (3)補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  • (4)役員の任期満了のときも後任者が就任するまでは、その職務を行うものとする。

役員の選出

第7条.

  • (1)支部長は、会員の中から常任幹事会で選出し決定する。幹事会の承認を得たうえ、総会で報告する。
  • (2)副支部長、幹事長、副幹事長、会計幹事、常任幹事及び幹事は、支部長が常任幹事会の承認を得て決める。
  • (3)監査役は、常任幹事会で選出し、幹事会の承認を得て決める。

役員の任務

第8条.

  • (1)支部長は、この支部を代表し、会務を統轄する。
  • (2)副支部長は、支部長を補佐し、必要が生じたときは、支部長が指名した者がその職務を代行する。
  • (3)幹事長は、支部の事業及び事務全般を統括する。
  • (4)副幹事長は、幹事長を補佐する。
  • (5)会計幹事は、支部の財務・資金管理を 行う。
  • (6)常任幹事は、会務を処理し、事業の企画、執行に当たる。
  • (7)幹事は、各事業の執行に当たる。
  • (8)監査役は、会計を監査する。

顧問

第9条.

  • (1)この支部に、必要に応じて顧問を置くことができる。
  • (2)顧問は、支部長が常任幹事会の承認を得て委託する。

本部評議員

第10条. 本部の評議員は、常任幹事会で選出し、支部長が推薦する。

総会

第11条.

  • (1)総会は、支部長が召集し、その議長となる。
  • (2)総会の議事は、出席者の過半数の議決をもって決する。

常任幹事会及び幹事会

第12条.

  • (1)常任幹事会は、常任幹事以上の役員及び顧問で構成し、支部の運営方針を決定する。
  • (2)幹事会は、幹事以上で構成し、支部の運営方針について審議する。
  • (3)常任幹事会及び幹事会は、それぞれ支部長が召集し、その議長となる。
  • (4)各会議の決定は、出席者(委任状を含む)の過半数の決議による。
  • (5)各会議の議案は執行部役員で協議され了承されたものを提出することを原則とする。

会計

第13条.

  • (1)この支部の経費は、会費、寄付金その他の収入を以て充てる。
  • (2)この支部の会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。

慶弔

第14条. 支部役員等で多年にわたり支部発展に功績のあった者は、常任幹事会に諮り表彰することが出来る。又、支部役員等で支部運営に携わった者が物故された場合は、弔意を表すことが出来る。

  • 附則
    (1)(慶弔細則)本細則は下記に定めるが、施行については支部長一任とする。
    弔意 ①弔電(支部長名)役員及びその配偶者、本部・学院・他支部関係等    ②供花(支部名)
  • (2)5条で定める会員の内、支部への住所登録のあった者に対しては、支部が主催する各事業の案内等を行う。
  • (3)(施行期日)この規約は平成24年4月8日に改正し平成24年4月1日に遡って適用する。

戻る